top of page

「写真を撮ることを諦めず、楽しんでもらいたい!」

我が家の長男には、知的と身体に重度の障害があります。

障害を持つ子の親にとって、写真を撮るということがどれほど大変なことかは

身に染みて感じています。

長男は大きな声や音が苦手なため、小さな頃からスタジオに行くのは諦めていて

お宮参りや誕生日などのイベントの時には全て自分で撮影をしていました。

けれどそれでは自分自身が写ることができず、家族写真もセルフタイマーで

何度もやり直し。毎回とても大変でした。

意を決して長男の五歳の七五三の時に、信頼する友人のフォトグラファーに

長男の特性を事前に説明しつつ撮影を依頼しました。

(緊張し過ぎて、もう少しリラックスするようたしなめられました。)

後日送られてきた、全員が自然な姿で写った素敵な写真の数々を見た時には

感動して嬉しくて毎日のように眺めていました。

それから、

「障害児・者のいる他の家族にも、写真をもっと楽しんで残してもらいたい!」

そんな気持ちがふつふつと湧いてきました。

写真を撮るなんて大変だからと諦めている方にも、是非残してもらいたいのです。

今しかない、この大事な瞬間を。

親御様には、事前にお子様の特性を教えて頂きながら​、ご家族の皆様と一緒に

いい写真が残せるよう頑張ります。

撮影時間は気にせずじっくり撮らせて頂きますので、​

どうぞお気軽にお問い合わせください。

bottom of page